【不味いから】キチガイな客、パン屋の店主をショットガンで破壊

2017.08.30.Wed.13:08
1_20170830130440992.pngライブリークより
コスタリカにて。不味いパンを売ったことに対して苦情を言いに来たおばさん。おばさんはパン屋と口論になりおばさんの夫はショットガンを持って加勢。そして挑発された夫はパン屋の店主に向けてショットガンを見舞う。





_______________________________________________________________________ 【他サイトおすすめ記事一覧】

男にお●ぱい揉まれてる素人の生々しいパイ揉み画像
【ハメ画像】男におっぱい揉みしだかれてる素人の女って最高だよなwwww
素人ビキニギャルの集合写真がオカズすぎ!ピチピチ素人娘たちの水着競演が堪らんwww
【海水浴エロ】「ハプニン具」素人ビキニギャルの集合写真がオカズすぎてヤバい・・・
【画像】明らかにスポーツやってる身体の女の子ってエ□すぎない?
【スポーツエロ】美女アスリート達の裸ってくっそエロすぎだよなwwww
飲食店で露出するときの王道パターンがこちらwwwwwwwwww(画像30枚)
【公共エロ】”おっぱいぶるん”飲食店で露出しまくる変態美女たちwwwwww
ハミマンしてることに気づいていない女子水泳部のエ□画像
【ハプニングエロ】ハミマンしてることに気づいていない女子水泳部の隠し撮り画像がこちら
オウム真理教の”入信申込書”がコチラ…
【閲覧注意】絶対に表に出てはいけないオウム真理教の「入信申込書」…
白血病の兄を救うため、処女を約300万円で売ろうとした少女がコチラ
【衝撃実話】白血病の兄を救うために自分の処女を約300万円で売ろうとした少女
神の薬「ロキソニン」の重大な副作用がやばい・・・
【衝撃真実】神の薬「ロキソニン」の副作用がやばいwwwwwww
【家庭内流出画像】熟睡した素人たちの悪戯エ□画像
【家庭内流出】熟睡してる素人女たちの悪戯隠し撮りエロ画像がこちら
脱北者が語った「北朝鮮収容所」の実態が酷すぎる…
【閲覧注意】脱北者が語った「北朝鮮収容所」の実態が酷すぎてマジで笑えないんだが・・・



<当サイト関連記事>


  1. 百貫ブタは旨いパンを食う資格はない。犬のクソでも食ってろ。

  2. 怒るほど不味いパンってどんなんだろう?

  3. 撃ってみろよ~撃てないのか腰抜けとか言ってそうでワロタ
    そうやってナメてると痛い目にあうんだなあ

  4. 日本人で良かったアルヨ

  5. 百貫デブ?百官豚?百貫ブタ?


  6. リアル基地外だな。
    パンのクレームでこれかよw

  7. 漫画みたいに綺麗に穴が空いてワロタw

  8. アレがいないから楽しいです

  9. アンパンマン仕事しろや

  10. 打たれた瞬間気づいてないのが凄いな
    んっ?あれ?俺の腕が?グチャグチャ?
    おっぉっうぅぇうわぁんって感じw

  11. 別れろ切れろは料理の時に言う言葉。ウェイクとはこういう動画見た時に言う言葉。

  12. さぁ!撃てるものなら撃ってみなさ~い♪
    バン!
    んっ?おおお俺の腕がっ!

  13. さぁ!撃てるものなら撃ってみなさ~い
    バン!
    ウェ…シェ……ウェ…ウェイクだよ!

  14. 5482936件のコメント

  15. 撃たれた瞬間、腕が吹っ飛んだらインパクトあったのに。

  16. 撃たれても冷静すぎわろた

  17. これなんで逃げるかって言ったら
    監視カメラに取られているっていう前提がないから
    10メートル感覚で監視カメラが設置してあるという前提があればこういう事件は起きにくい

  18. ウェイクの人、人気なんだね

  19. 頭おかしい

  20. ん?まさか?今撃った?えー、まじかよ撃ったのー!?腕いってるしー

  21. 適当に謝っときゃ二度と会わないのにね
    海外ではあまり受けないけど、結局適当にあしらって帰ってもらうのが最も合理的なんだろう

  22. ヒュンダイの車?

  23. オナニー出来ないのは辛い。

  24. お前ら馬鹿だな
    これ ウェイクじゃん

  25. 本当に撃つとは思わなんだな
    骨出ちゃったな


  26. ウェイク追放

  27. ウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイクウェイク

  28. ↑数えました。750個のウェイク




  29.      反吐がでる

  30. ウエイク先輩、もう少し大人になってくださいよ??ww "チヤカカーン" でも聞いて
    リズムに合わせてオナ二―に励んで、溜まった精液外に放出して、スッキリすれば
    そのうち、イイことありますから??って、
    なんのこっちゃってね?ww ぷぷぷっ・・・

【コメントを投稿する】